Weekly Report クラブ報告 同好会・趣味の会
上記コンテンツは会員のみの閲覧とさせて頂きますのでご容赦ください。
会員の方はID・パスワードを入力してログインしてください。
[年度方針と重点事業]
ロータリーに参加し、楽しみ、奉仕しよう

会長写真
会長
相羽 繁生

 一昨年度・昨年度と新型コロナウィルスに翻弄され、一昨年度後半は例会ができず、IMも中止に追い込まれました。昨年度も、緊急事態宣言の発令に合わせ例会が中止されました。今年度もコロナ禍の中での運営となります。諸先輩の運営を引き継ぎ、臨機応変に、しかも50周年という節目の年を全会員の力を結集し、楽しむ年にしたいと思います。
 まず、例会に出席して頂きたい。出席し、他の方の話を聞き刺激を受けて頂きたい。そのために、できる限り多くの会員の声を聴く場を設けたいと思います。

 一方、和合クラブは独特ですよねと耳にすることがあります。そもそも和合クラブの個性とは何であろうか?一つ目はいい意味での放任主義、好きなことができる風土があることではないか。それは、言いたいことが、言える雰囲気ではないかと思います。
二つ目は普段ばらばらの方向を見ていても、一旦まとまると非常に大きな力を発揮できることではないかと思います。

 会員の皆さんには、50周年を機会にさらに参加(出席)して頂き、力を発揮して頂きたいと思います。そのためには参加してよかった、楽しかったと思って頂ける50周年記念事業にしたいと思います。

 まず、50周年記念事業を何としてもやりきることであると思います。

 次にアドバイスを頂ける友人を増やすことであると思います。
是非50周年記念事業に。参画し話ができる会員を増やして頂きたい。逆に、50周年記念事業は、皆さん全員の力をお借りしなければできません。各々の持ち場持ち場で、力を発揮して頂きたいと思います。

 50周年を迎えられることは誇りであると共に、次の50年に向かっての土台づくりの年になります。50周年を楽しみましょう。

【重点事業】
 1)50周年事業に参加し、楽しむ。
  ・皆さんが活躍できる場を設ける。
 2)できる限り多くの会員の思い、考えをお聞きする。
 3)ロータリーに出席することを重視する。
  ・例会に出席しやすい環境づくり。

このページのトップへ